三国志大戦Blog~集結せよ!~
最近は袁軍にはまってます。「我ら袁家!血の結束!」
プロフィール

うすた

  • Author:うすた
  • ICカード名:連邦
    現在の階級:9州
    メインデッキ:袁で栄光や大爆進や二枚看板など迷走中。
    主戦場:千葉県柏周辺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新
こんにちは。半月更新さぼってたうすたです。
だってネタがないんだもん♪(死
お金もないんだもん♪
久々にお金が入ったのでついこの間交換してもらって作った神速+蔡文姫デッキを使ってみました。

デッキ・役割紹介

SR張遼 進めー!の猛者。一応神速デッキなので神速の大号令重視で戦います。

UC夏候淵 本当はR夏候淳かSRホウ徳がよかったけどもってない知力は低いが武力8は結構助かる。

R郭嘉 4/9伏兵という高スペック。騎兵なのも◎後方指揮も使えるし・・・

R楽進 4/3勇猛というかなりの高スペック。一騎打ちが下手な自分にとって結構勇猛は嬉しい。

UC蔡文姫 とりあえず舞う。以上!(何
というデッキです。
本当は初デッキだし全国ではなくCPU戦やるのがいいのでしょうが・・・
CPU戦嫌いです。
なぜとか聞かれても困りますが
というわけで全国対戦に突撃!



三戦三敗_| ̄|○
あっさり六品に逆戻りです。まぁ予想はついてましたが

舞+神速号令は強いのですが如何せん早すぎて自分には使いこなせません・・・

早くもサブデッキ入りか?

と・・・そこで電波を受信何かが閃きました。

神速使えないなら後方指揮を使え!

OK。やるだけやってみよう。

第一戦

SR甄皇后・UC典韋・UC程・C陳羣・C刑道栄・C張梁・C劉表

冗談キツイじぇ・・・

いきなりVS悲哀でテンションは30%減(当社比)

悲哀は序盤で張り倒せ!と教わったのでとりあえず序盤から増援まで使ってガシガシ攻めます。

連続突撃で敵がゴミのように死んでいきます。

そんなこんなで騎兵で城壁数発たたくことに成功。

でも攻略なんて無理!

騎兵の攻城能力の低さ忘れてた

敵の城から土煙が出てくるので一度退避。

と・・・悲哀の舞!

・・・・・・

何故にあなたはわざわざ柵置いたのにそこで踊らず夏候淵(HP5割弱)の目の前で踊るのですか?

夏候淵で蹂躙してやりました。
甄皇后のいない悲哀の舞など牛肉の乗ってない牛丼みたいなものです。一瞬で敵を蹂躙しました。
向こうは再起で立て直して出撃してきました。

その間にとりあえず今一番嫌いなカードである陳羣を張り倒して一度後退。

今度は柵置いたところで踊りだす甄皇后。

軽くヤバイ!

でも陳羣が死んでいればどうにでもなる!郭嘉GO!

蹴散らせ!

蹴散らせ!

蹴散らせ!
切り札の後方指揮3回で張り倒してなんとか逃げ切りました。

その後も蜀デッキに当たるも倒し、コンセプトがよくわからないデッキも倒して討伐成功!5品に返り咲きました。

いやぁ・・・郭嘉強いですねぇ・・・

・・・あれ?

これ神速デッキぢゃないし!
久々の更新がこんなのでいいのだろうか・・・
[READ MORE...]
スポンサーサイト
コラボブログ
こんにちは。二週間もネタがなくて更新ほって置いたうすたですorz
今日はR陸遜コラボブログの日という訳で久々に更新いきます!
まずはスペックから紹介。

勢力・呉 コスト・2 武力5・知力8 特技・柵 計略・夷陵の炎(士気消費8)

昔初心者時代に引いて使っていた頃が懐かしいです・・・
あの頃はSRが入っているデッキが憎かった・・・(遠い目)
と過去のすっぱい思い出は夷陵の炎で燃やして(マテ)考察と行きましょう。

正直・・・コスト2も払って武力5はかなり低いです。(馬謖に次ぐ低さ)ついでに夷陵の炎は威力が微妙です。知力4まで燃え残るとか・・・挙句の果てに士気消費8!破壊の豪雷とどっちが使えないか争えるLVです。ただ範囲だけはこれでもかというほど広いです。

黄巾わらわら程度なら一発なのですが・・・普通の火計とくらべて融通がきかなすぎです。

まぁ微妙なカードを扱うのがコラボブログですし・・・何とか救済をやってみましょう!

まず考えられるのがR孔明ですが・・・皆考えそうなことなので放置します。へそ曲がりです。

というわけで次に考えられるのが呉夫人ですね。「蹴散らせ!」の声に痺れましt(ry

というわけでサンプルデッキ

孫堅・陸遜・R呂蒙・呉夫人・呂範(好みで虞翻もいいかも)(総武力22・総知力33)

今流行の賢母・天啓コンボと思わせて賢母夷陵!もし陸遜が撤退していたら賢母・阿蒙!まぁネタですがまじめにやるなら賢母天啓でがんばりましょう。

おまけデッキ

恐怖の火計デッキ

呂範・虞翻・陸遜・R周瑜・周泰(総武力21・総知力37)

火計一杯のデッキです。さすがにこれだけ火計持ちがいれば荀イク様でもにらみきれないでしょう!

とまぁいい加減なデッキをいろいろ考えておきましたが参考になればならないですね・・・幸いです。

では今回のコラボBlog参加者のリストです。

三国志大戦ブログ「ここにいるぞ!」 シンさん

三国志大戦ブログ 突き進め!by趙雲  タチコマさん

樽竜日記@三国志大戦 アセルスさん

白夜@三国志大戦 白夜さん

響輝軍参戦~三国志大戦~ TOM9さん

Hit the beat! Keep your beat!! 龍之介さん

黒飛 -弾丸集団突撃- 黒飛さん

二品への壁@三国志大戦 荀平さん

「殿、天が見えますぞ!」σ三国志大戦ブログσ Ryuk@さん

三国志大戦下克上ブログ むつーさん

三国志大戦・・お疲れ様です。ふらじぃるぅさん

なんだこいつは!?三国志大戦日記 joviさん

たまごだっていいじゃない? 真音さん

今回は過去最多の14Blogが参加しているそうです。皆様お疲れ様でした。

以下は自分の日記です。読みたい方はどうぞ・・・
[READ MORE...]
蜀大会に向けて
まもなく蜀大会ということで・・・コストごとに使えそうなカードを考えてみようと思います。
1コスト
麋竺 再々出撃は馬謖と組み合わせるとかなりの回転率。ただ打撃力不足な気も・・・
張松 1コスではかなり優秀なカード。伏兵踏ませたり挑発で逃げ回ったりと・・・
甘皇后 回復の舞は体制さえ整えれば頭が痛くなるほど強いが・・・おつむの弱さが問題。
廖化 地味に知力4あるので使えないことはない騎兵。
夏侯月姫 徐庶を入れないとするとそこそこ優秀な落雷もち。
麋夫人 身代わりで高武力が復活してくるとかなり厄介。
馬良 普通の落雷と違って融通はきかないが守護の剛雷は結構攻めるときには脅威。
Rホウ統 1コスでは一番使われるような気がするカード。連環は結構強い。
1.5コスト
蜀の1.5は優秀なの多いから書くのが面倒
SR黄月英 ホウ統の連環等と組み合わせて加速して落城というデッキもあり。
SRホウ統 正直最強SRかもしれない。ススメロック使えば弓以外の敵は役立たずと化す。
魏延 おつむの弱さは気になるが死に掛けている味方とHPMAXの魏延しかいない状態で反逆すれば強い・・・かもしれない
徐庶 とりあえずこの大会ではかなり使われるであろうカード。騎兵なので自走砲的な使い方も可。
R劉備 桃園の誓いは強力だが・・・徐庶入れる人が多いであろう今大会ではどこまで活躍できるか・・・
SR諸葛亮 豪雷が思い通りに落ちれば最強。運が頼りなので少々微妙か・・・
SR孫尚香 槍兵が多い蜀では城に戻らずに回復できるのはかなり助かる。
法正 全体強化がないデッキでは後方指揮はかなりの威力を発揮する。声がダースベーダーみtゲフンゲフン
沙摩柯 劣化黄忠ながら数少ない弓兵+勇猛もち。勇猛を生かしたいなら零距離使って城門にはりつくべし。
陳到 武力5復活もちは結構強い。
周倉 復活のない代わりに武力が1高い陳到。以上。
王平 地味に使える柵もち槍兵。
2コスト
SR劉備 大徳は桃園ほどの爆発力はないが桃園よりは安定。復活もちなのがいい。
R趙雲 7/6の高スペックに加え復活もち。挑発されても精神統一で無効にできるが・・・一人だけでどこまで戦えるか?
R馬超 ちょっち知力が低いのが気になるが一騎当千があれば連環も落雷も挑発も怖くない。
姜維 元祖騎兵キラー。SR馬超やSR趙雲にとってはかなりの脅威となる。ダジャレヂャナイヨ
R黄忠 おつむがやや弱いが武力8弓兵の援護はかなり恐怖。最悪零距離使って白兵戦で戦えるのもいい。
UC黄忠 やはりおつむは弱いが勇猛もちで計略は兵力全回復。初心者でも使いやすい。
UC張飛 武力8槍の手動車輪はかなりの恐怖。勇猛もちなのもいい。
馬謖 正直コスト2相当の能力とは思えないが・・・開幕桃園デッキとかにいいかもしれない。
コスト2.5
なんかもう疲れた
SR馬超 とりあえずこの大会では最も脅威となるカード。白銀かかったらもう誰にも止められない。姜維で串刺しにされないように注意。
SR趙雲 2.5コスで武力8勇猛なしは少々寂しいが知力7で伏兵踏めるし復活あるし神速戦法は効果時間が長い。
R張飛 武力9勇猛もちなので一騎打ちで負ける気はしない。計略は限りなく手遅れっぽい気はするが・・・
コスト3
R関羽 車輪の大号令は結構脅威。ただやや重いか・・・?
というわけで蜀大会で使われそうなカードを独断と偏見で鑑定してみました。参考となれば幸いです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。